離婚・男女問題の相談なら大阪府大阪市の離婚・男女問題弁護士へ

土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!

30代女性の離婚

30代女性の離婚について

当事務所の離婚案件において、

一番多い層が「30代の女性」になります。

今回は、あえて対象を30代の女性に絞り離婚についての注意点を説明します。

 

30代女性の離婚が多い理由と注意点

結婚されて10年未満。子どもも一人、二人生まれ、

数年経ち、倦怠期を迎え、旦那の女性関係・・・

もちろんこのような一般的な案件ばかりではありませんが、

相対的に相談の数は多いといえます。

 

30代の女性が離婚を検討する場合、

注意すべきことはあるのでしょうか?

 

 

当たり前ですが、法律には、離婚できるのは~歳までです、

という規定があるわけではありませんし、

10代だろうが50代だろうが、離婚手続としては同様の場合が多いです。

 

しかし、30代女性は、人生の折り返し地点とまでは言いませんが、

あきらかに10代、20代とは違う人生感を抱いています。

これは、スピリチュアルの話ではもちろんなく(笑)

私たちがこなした多数の経験の産物といえるでしょう。

 

お子さまが未成年の場合

30代の女性が離婚をされる場合、

お子さまが未成年の可能性が高いです。

この点から、親権についてきちんと定める必要があります。

子どもが未成年であれば、親権が母親になる可能性が高いので、

きちんとした養育費を定めておく必要があります。

 

財産分与に関しましても、

仮に、旦那様が30代であれば、20代とは違い、社会的地位も上がり、

給与面での待遇が上がっていることが多いでしょう。

この場合、相手の収入をきちんと理解し、

適切な財産分与を受ける必要があります。

旦那の社会的地位が上がったのは、何も、旦那様だけが努力したわけではないのです。

(自分で書きながらうんうんうなずいています。(笑))

 

婚姻費用分担請求

また、上の事例のように、キャリアアップした旦那様との離婚は、

仕事の関係上、協議が長引くことが想定されます。

離婚が成立するまでは、婚姻状態ですので、

婚姻費用の請求も可能となります。

 

生活の基盤確保の必要性

30代は、長い人生からすれば、まだまだこれからの時期です。

それは男性も女性も変わりません。

だからこそ、今より素晴らしい明日に、一秒でも早く一歩踏み出すために、

判断を早める必要があると考えます。

具体的には、まず生活の基盤を確保する必要があります。

熟年離婚のような場合と違うのは、

30代の夫婦は、

持ち家を所有されているご家族が少ないという点でしょう。

このことから、離婚後、どこに住むのか、どのように収入を得るのか、

お子さまがいる場合には、どのような教育を受けさせてあげるのか、

等、今後のことを決めておくことが必要となります。

 

一般的には、母親のご実家に戻ることになるでしょうが、

子どもからすれば、突然の引っ越しを余儀なくされるわけです。

ナイーブな子どもには精神的にもきちんとしたケアをしてあげる必要もあります。

 

先を見据えた離婚を!

離婚は紙キレ一枚で終わることもありますが、

反対に、何年もかかって、やっと離婚!という場合もまた少なくありません。

まだまだ30代です。

今後の人生を考えた、言うなれば先を見据えた離婚協議を行うべきでしょう。

 

 

離婚でお悩みの際は、当事務所までお早めにご連絡ください。

 


無料法律相談実施中
離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。
無料ご相談受付中!!
キッズスペース
女性のための離婚相談
男性のための離婚相談

DV

公正証書

慰謝料請求

親権問題

財産分与

離婚全般

面会交流

養育費

事務所概要

  • 弁護士法人
    川原総合法律事務所

[ 代表 ]

弁護士川原俊明

[ 電話 ]

06(6365)1065

[ 住所 ]

大阪市北区西天満2丁目
10番2号幸田ビル8F

川原総合法律事務所