離婚・男女問題の相談なら大阪府大阪市の離婚・男女問題弁護士へ

土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!

離婚における弁護士の役割について(弁護士費用の観点から)

複雑な感情論

男女問題、離婚問題を解決する場合、

当人同士ではにっちもさっちもいかなくなることがあります。

不貞行為であれば感情が、

離婚問題であれば、親権の問題が、

財産分与であればその財産の範囲が、

面会交流であれば、会わす頻度の問題が、など、

どうしても、それぞれに感情論が介入してしまいます。

そして、一般的に、感情論になっている当人同士で、

スムーズな解決は皆無と言ってしまって良いでしょう。

 

スムーズな解決を諦めた場合に、

弁護士に、代理人としての委任を行う場合があります。

 

今回は、弁護士に事件解決を依頼する場合の費用について、

説明させていただきます。

 

一般との溝

まず、一般的なアンケートとして、よく耳にすることに、

弁護士にかかる費用がいくらかがわからないことが挙げられます。

そして、仮に費用がかかるとして(さすがに無料とは思われてはいないようです)

いくらくらい必要だと思うか、という点につき、

「10万程度」という回答が最も多いことが明らかになりました。

 

費用については、弁護士事務所によっては前後することがありますが、

離婚案件につきましては、

一般的な交渉、調停、訴訟(これをフルプランと呼びます)を委任した場合、

着手金として35万円(税別)が必要となります。

 

一般的な意見と、大きな食い違いがあることがわかります。

 

一般の方からすれば、「高い!」となってしまうのかもしれません。

 

しかし、我々弁護士からすれば、離婚案件というのは、とても大変なのです。

 

離婚案件の猥雑さ

考えてください。

社会経験豊富な皆様が、真剣に話し合って、まったく着地点の見えない

話し合いを、双方納得いくような形で解決させようとするのです。

プロフェッショナルとはいえ、簡単な作業ではありません。

 

また、交渉だけもそうなのですが、

調停を提起すれば、月に数度、

訴訟を提起すれば、月に一度程度は、家庭裁判所に赴き、

事実関係を明確にしたうえで、法律的な視点での解決案を提示する必要があります。

少ない証拠をもとに、不貞行為を立証し、(証拠を立て)

裁判所に不貞行為を認定してもらう。

 

親権での問題であれば、子どもにとって何が一番大切かを吟味し、

そのうえで、クライアントの満足を得る。。

これはかなりに骨の折れる作業となります。

どんな重いものだろうと、重機などを使用すれば動くことがありますが、

人の心というものは、なにをしようが、動かないときは動きません。

 

また、弁護士の介入という手段を用いた時点で、

ポイントオブノーリターン、つまり、解決に向けての賽は振られた状態です。

なんとしてでも解決する責任が生じることになります。

 

こう考えると、簡単な仕事でないことはご理解いただけるのではないでしょうか。

 

さらにご理解いただきたいことは、

私たちは、いただいた費用につきまして、決して安いとも思っておりません。

文字通り、皆様が身銭を削ってお支払いいただいた血肉だと思っております。

そう考える以上、いただいた以上にご満足いただける結果を出すために、

誠心誠意、全力で事件処理に力を注ぎます。

皆様からすれば、高い費用であるでしょうが、

ご納得いただけるまで、全力でがんばる所存です。

 

繰り返しになりますが、

男女問題はひとたびこじれてしまった場合は、当人だけで解決することは困難です。

うまいこと弁護士をご利用・ご活用いただいたうえで、一秒も早い解決をお勧めします。

 

111

 

男女問題・離婚でお悩みの方は、お気軽にお問合せください。

 

 

 

 


無料法律相談実施中
離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。