離婚・男女問題の相談なら大阪府大阪市の離婚・男女問題弁護士へ

土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!

離婚するベストのタイミングとは?

 

1 離婚を思い立ったら

離婚したいと思ったら、いつがベストのタイミングなのでしょうか。

まずは、あなたの気持ちをしっかり確認してください。

一時の感情ではないですね?修復可能性はありませんか?

離婚したいと主張して調停や裁判手続に入った後に、お気持ちが揺れ動くと、調停や裁判手続も混迷してしまうことになります。

 

次に、配偶者(婚姻相手のこと)の気持ちはどうでしょうか。

話し合うと、貴方が離婚したいと思っている原因が解決することもあるかも知れません。

「配偶者に一度も離婚の話をしたことがないのだが、法律相談に行った方が良いでしょうか。」というご質問を受けることがあります。

離婚について話をしたことがないと、何が争点となるか分かりません。

そのためにも、まずは、離婚にお話していただいてから、法律相談に来ていただくことをお勧めしています。

ただし、激しい暴力が振るわれている等、特別な事情がある場合は、この限りではありません。

 

 

(写真はイメージです)

 

2 離婚のタイミングで考慮すべきこと

⑴ お子様について

お子様がいる場合は、お子様のお気持ちの他、通学の問題等も考慮しなくてはなりません。

お子様が誰と暮らすか=どこで暮らすかによって、進学先も変わるからです。

また、婚姻に際して姓を変えた方が離婚に伴い姓を戻す場合、その人の戸籍にお子様を入れるなら、お子様の姓も変わることになります。

そのため、お子様の進学のタイミングを離婚の契機とする方もいらっしゃいます。

もっとも、離婚しても姓を戻さず、結婚時の姓を続称するという選択肢もあります。そのための手続が必要なので、注意してくださいね。

 

⑵ 離婚後の生計の見通し

これまで配偶者の収入に頼っていた場合、離婚後にどうやって生計を立てていくか、準備することが不可欠です。

夫婦共働きである場合は、男性側も女性側も、家計全体としての収入は下がります。

また、どこで暮らすかといったことも、準備する必要があります。

別居しても離婚しなければ、婚姻費用がもらえたります。そのため、生計の見通しが立たない場合、離婚を急ぐ理由がなければ、

別居して婚姻費用をもらい、離婚は先延ばしにするという方もいらっしゃいます。

 

⑶ 不貞行為を理由に離婚する場合に準備しておくべきこととは

不貞行為があったことを原因に離婚する場合、配偶者と不貞相手との間に不貞行為があったことの証明責任は、貴方にあります。

この準備はできていますか。

離婚するためにも、また、損害賠償請求するためにも、これは大切ですね。

具体的には、配偶者と不貞相手がラブホテルに出入りしている写真や、宿泊旅行の証拠、メールのやり取り、会話の録音等が不貞行為の証拠となり得ます。

 

⑷ 配偶者の財産

財産分与のためには、配偶者の財産状況を知ることから始まります。離婚前にこの情報を得ておけるとスムーズです。

 

⑸ 離婚条件の合意ができたら公正証書を作成

協議離婚で配偶者と決めておかなければならないと離婚できないことは、離婚すること自体の合意と、お子様がいる場合は親権です。

それ以外は、離婚届提出後に決めることもできます。

しかし、親権は得たけれども養育費の取り決めがないと、相手が支払ってくれるか分かりません。

また、財産分与についても、時間が経てば財産状況も変わるため、実質的に影響してきます。

そのため、離婚条件の合意ができたら、公正証書にしてから離婚することが重要です。

 

⑹ 特別の事情がある場合

ここまで、離婚する前にした方が良いことを述べてきました。

しかし、貴方やお子様が配偶者から酷い暴力を受けている等、特別の事情がある場合は、生命・安全を確保する必要があります。

そのために、まず離婚するという選択肢もあります。

 

⑺ まとめ

このように、離婚に際して検討すべきことは色々あります。これらの中から、貴方が何を重要視するのか、それに応じて離婚手続を進めてください。

私たちは離婚案件に関しまして豊富な解決実績がございます。

お悩みの際は、ぜひ一度ご相談に来られてはいかがでしょうか。

 

弁護士丁村香緒里「お気軽にご相談ください。」


無料法律相談実施中
離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。
無料ご相談受付中!!
キッズスペース
女性のための離婚相談
男性のための離婚相談

DV

公正証書

慰謝料請求

親権問題

財産分与

離婚全般

離婚調停

面会交流

養育費

事務所概要

  • 弁護士法人
    川原総合法律事務所

[ 代表 ]

弁護士川原俊明

[ 電話 ]

06(6365)1065

[ 住所 ]

大阪市北区西天満2丁目
10番2号幸田ビル8F

川原総合法律事務所