離婚・男女問題の相談なら大阪府大阪市の離婚・男女問題弁護士へ

土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!

不倫をしている者からの離婚請求について

はじめに

 

「不倫をしているのですが、離婚はできるのでしょうか?

ネットの情報などで、できないと聞いたことがあるので相談させていただきました。」

 

意外(?)と、この手の質問は多いイメージです。

芸能界をはじめ、不倫が犯罪のように扱われる風潮自体には違和感を覚えていますが、

それはさておき、実際、不倫をしている人は離婚できないのでしょうか?

 

検討していきましょう。

 

 

(写真はイメージです)

 

1 不倫をしている者からの離婚請求

 

前述したとおり、一般的に、不倫をしている配偶者からの離婚請求はできないと思われている方もたくさんいらっしゃるように思います。

本当にそうなのでしょうか。法律的な観点から考えていきたいと思います。

 

2 離婚の方法について

 

まず、そもそも離婚の方法には、協議離婚、調停離婚、裁判離婚という方法が存在します。

上記、世間の方が思われている「不倫をしている配偶者からの離婚請求はできない」というのは、

裁判離婚を求め、最終的に判決となった場合を前提としている話です。

ただし、これも正確な内容ではありません。

たしかに、判例では、有責配偶者(不倫をするなどして、婚姻関係の破綻を招いた者)からの離婚請求については、

認められないケースも多く存在しますが、同時に、裁判例では、「有責配偶者からの離婚請求であるとの一事をもって許されないとすることはできない」としています。

つまり、有責配偶者からの離婚請求であったとしても、

 

①夫婦の別居が両当事者の年齢、同居期間との対比において、相当に長くなっていること、

②夫婦の間に未成熟の子が存在しないこと、

③相手方配偶者が、離婚によって、精神的・社会的・経済的に極めて過酷な状態におかれるなど、離婚請求を認容することが著しく社会正義に反するといえるような特段の事情がないこと、

 

以上の3つを満たせば、離婚は認められると判断しています。

実際の判例などでは、①について、別居期間が10年を超えると、相当に長期間の別居となっていることを認めることが多くなっています。

事案によっては、6年間の別居でも、諸般の事情を考慮し、離婚請求を認めるような判例もあります。

 

3 それぞれの同意

 

一方で、協議離婚、調停離婚というのは、離婚について夫婦のそれぞれが同意すれば、離婚が成立します。

つまり、不倫をしている者からの離婚請求であっても、配偶者の同意があれば、当然ですが、離婚は成立します。

ただし、この場合、配偶者から慰謝料を求められたり、財産分与等を2分の1ずつではなく、配偶者に有利な条件とすることを求められることも想定されます(いわゆる判付代の請求)。

 

4 まとめ

 

不倫をしたからといって、離婚ができなくなるわけではありませんが、これまでに説明してきましたとおり、

過去の裁判例との事案を対比するなど、法律的な見地からの検討が重要ですので、弁護士へ相談してみることをお勧めいたします。

 

不倫自体を肯定するわけでも、是認するわけでもありませんが、

お互いの将来にとってベストの選択肢を選ぶことができるように、微力ならがお手伝いしたいと考えています。

 

 


無料法律相談実施中
離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。
無料ご相談受付中!!
キッズスペース
女性のための離婚相談
男性のための離婚相談

DV

公正証書

慰謝料請求

親権問題

財産分与

離婚全般

離婚調停

面会交流

養育費

事務所概要

  • 弁護士法人
    川原総合法律事務所

[ 代表 ]

弁護士川原俊明

[ 電話 ]

06(6365)1065

[ 住所 ]

大阪市北区西天満2丁目
10番2号幸田ビル8F

川原総合法律事務所