離婚・男女問題の相談なら大阪府大阪市の離婚・男女問題弁護士へ

大阪の不倫・浮気問題に強い離婚相談所

土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!

大阪の不倫・浮気問題に強い離婚相談所

不貞行為を確認したらまずすべきこと

浮気の可能性

ある日突然、夫または妻の浮気を見つけてしまった場合、

精神的ショックで、何も考えられなくなるかもしれません。

しかし、時間が経過し、冷静になったとき、浮気した夫や妻、浮気相手に慰謝料請求をしたい、

または、離婚したい等、考え、そのとき始めて証拠集めをすると、もはや手遅れの場合があります。

その理由としましては、

浮気をした夫や妻が、浮気をばれないように証拠を捨ててしまったり、

そもそも見つからないように隠してしまうということがよくあるからです。

 

「なにが証拠になるのかしら・・・?」

 

すべきこと

私たち弁護士の立場から、仮に浮気を疑うときに、しておくべきこと、すべきことを2点ご紹介します。

 

1、証拠を保存

浮気がばれるきっかけとして、最近多いのは、LINEです。

LINEを見てしまったら、画面自体(スクリーンショット)の写真を撮っておきましょう。

会話がとぎれないように連続して撮るのです。その時重要なのが、日付が映るように撮ることです。

裁判の証拠で出すとき、いつのLINEかということが重要になるからです。

 

あとは、ラブレター、写真、動画などです。データで保存できるものは撮影日付がわかるように保存しておいて下さい。

データでないものは、現物を持っておくか、現物を持っておけないときは、それの写真を撮っておいて下さい。

その時も、撮影日が印字される設定で撮影することが重要です。

 

2、浮気相手の情報

浮気相手に慰謝料請求したい場合、名前、住所は押さえておきましょう。

できることなら、勤務先も知っておけば、将来的に、給与などの差押えを検討する場合に、役立ちます。

住所まで分からなくても、携帯電話番号や、パスポート番号、実家の住所等何かしらの情報があれば、

弁護士にご依頼いただいた場合、浮気相手の住所を調査できる場合があります。

(弁護士照会制度を活用致します。)

 

最後に

浮気を見つけた場合、浮気相手に慰謝料請求したい、離婚したい、

浮気をした夫や妻からの離婚請求に応じたくない等、いろいろな場面が考えられます。

将来、どのような選択をするとしても、上記の証拠や情報があれば、

どの場面でも有利に話し合いを進めることができる可能性が高いです。

 

どのような証拠が必要か、どのような内容のものがあれば十分なのか、

この情報しかないけどどこまで調査できるか等、

弁護士として、プロだからこそ判断できることが沢山あることが事実です。

決してご自身で判断されて動くのではなく、

少しでもわからないことがあれば、

私たち弁護士に、いつでもご相談下さい。

 

丁村弁護士「私たちが判断します。」

弁護士法人川原総合法律事務所 所長弁護士 川原 俊明
 監修:弁護士法人川原総合法律事務所 所長弁護士 川原 俊明
私立追手門学院高校、早稲田大学法学部卒業後、司法試験合格を経て、宮﨑綜合法律事務所に所属、1981年に川原俊明法律事務所を設立(現:弁護士法人川原総合法律事務所)
温和な風貌からは想像できない情熱的な事件処理と、40年を超える弁護士実績で、生涯現役を貫く。弁護士業の傍ら、追手門学院大学理事長学校法人追手門学院大学の学長も兼ねる。

無料法律相談実施中
離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。
無料ご相談受付中!!

DV

公正証書

婚姻費用

慰謝料請求

親権問題

財産分与

離婚全般

離婚調停

面会交流

養育費

事務所概要

  • 弁護士法人
    川原総合法律事務所

[ 代表 ]

弁護士川原俊明

[ 電話 ]

06(6365)1065

[ 住所 ]

大阪市北区西天満2丁目
10番2号幸田ビル8F

川原総合法律事務所