離婚・男女問題の相談なら大阪府大阪市の離婚・男女問題弁護士へ

大阪の不倫・浮気問題に強い離婚相談所

土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!

大阪の不倫・浮気問題に強い離婚相談所

離婚で請求できる「慰謝料」について

 

離婚するときには慰謝料を請求できると思っている方がたくさんおられますが、必ずしもそうとは限りません。

 

この記事では、離婚で慰謝料請求できる場合とできない場合、慰謝料の相場について、解説します。

 

1.離婚で慰謝料が認められる場合

慰謝料とは、精神的苦痛に対する賠償金です。そこで離婚の際に慰謝料が認められるのは、一方の配偶者が他方の配偶者に対して違法行為を行って婚姻関係を破綻させ、大きな精神的な損害を与えたケースです。

そういった事情がない場合には、離婚しても慰謝料を払ってもらうことはできません。

 

1-1.慰謝料が認められるケース

以下のような場合には離婚慰謝料が認められます。

  • 相手が別の異性と肉体関係を持ち、不倫、浮気をした
  • 相手から暴力を受け続けた
  • モラハラをされた
  • 生活費を払ってもらえなかった
  • 一方的に家出をされた
  • 健康で特に拒絶する理由がないのに性交渉を拒絶され続けた

 

1-2.慰謝料が認められないケース

一方、以下のような場合にはどちらにも有責性が認められないので、慰謝料請求はてきません。

  • 性格の不一致によって離婚した
  • 相手の実家との不和が原因で離婚した
  • 相手の借金が原因で離婚に至った
  • 相手の宗教が原因で離婚した

 

2.慰謝料の相場

離婚で慰謝料が認められるとしても「いくら」にするのかが問題となります。

慰謝料の金額には、ケースごとの相場があります。

以下では、代表的な離婚慰謝料の相場をご紹介します。

 

2-1.不倫のケース

不倫された場合の慰謝料の相場は、だいたい100~300万円程度です。婚姻年数が長くなるほど慰謝料は高額になります。

婚姻期間が1、2年の場合、慰謝料は100万円程度にしかなりませんが、婚姻年数が10年程度になると慰謝料は300万円やそれ以上になります。

2-2.DVやモラハラのケース

長年DVやモラハラの被害を受け続けてきた場合にも、離婚慰謝料を請求できます。その場合の金額は、だいたい100~200万円程度です。

2-3.生活費不払いのケース

夫から生活費を払ってもらえなかった場合や配偶者が家出をしてしまった場合などには「悪意の遺棄」として慰謝料請求できます。その場合の相場は、だいたい100~200万円程度です。生活不払いや家出の期間が長い場合、相手が不倫していた場合などには慰謝料が高額になります。

 

3.慰謝料を請求する方法

離婚慰謝料を払わせるには、まずは相手と話合いを行いましょう。双方が慰謝料の発生や金額について合意できれば、合意書を作成して支払いを受けることができます。

話し合いで慰謝料について取り決める場合、必ずしも上記の「相場」にこだわる必要はありませんし、支払い方法も分割払いなど柔軟な対応が可能となります。

 

話し合いができない場合や話し合っても合意に達しない場合には、家庭裁判所で離婚調停を起こし、調停委員を介して話し合いを行います。

それでも解決できない場合には、離婚訴訟を起こして裁判所に慰謝料の支払い命令を出してもらいます。訴訟で慰謝料を認めてもらうためには、慰謝料の発生原因についての「証拠」も必要となります。

 

また離婚時に慰謝料請求をしなかった場合、離婚後3年間であれば、話し合いや訴訟によって慰謝料を求めることが可能です。

 

婚姻中、相手の行動によって精神的な被害を受けたのであれば、きちんと慰謝料の支払いを受けるべきです。DV事案などでは弁護士が代わって慰謝料請求することも可能ですし、あなたの身を守る手段もあります。諦めずにご相談下さい。

弁護士法人川原総合法律事務所 所長弁護士 川原 俊明
 監修:弁護士法人川原総合法律事務所 所長弁護士 川原 俊明
私立追手門学院高校、早稲田大学法学部卒業後、司法試験合格を経て、宮﨑綜合法律事務所に所属、1981年に川原俊明法律事務所を設立(現:弁護士法人川原総合法律事務所)
温和な風貌からは想像できない情熱的な事件処理と、40年を超える弁護士実績で、生涯現役を貫く。弁護士業の傍ら、追手門学院大学理事長学校法人追手門学院大学の学長も兼ねる。

無料法律相談実施中
離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。
無料ご相談受付中!!

DV

公正証書

婚姻費用

慰謝料請求

親権問題

財産分与

離婚全般

離婚調停

面会交流

養育費

事務所概要

  • 弁護士法人
    川原総合法律事務所

[ 代表 ]

弁護士川原俊明

[ 電話 ]

06(6365)1065

[ 住所 ]

大阪市北区西天満2丁目
10番2号幸田ビル8F

川原総合法律事務所