離婚・男女問題の相談なら大阪府大阪市の離婚・男女問題弁護士へ

土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!

慰謝料を高額請求するためのポイント

❖はじめに

性格の不一致で離婚を選ぶ夫婦もいますが、どちらか一方に原因があるケースは少なくありません。

離婚につながる原因として最大のものは、やはり不貞行為です。配偶者の不貞行為に初めて気づいたときは、冷静な気持ちを失いやすくなります。

ただ、感情的に怒鳴ったりしても問題は解決しません。

相手を許す気持ちがあるならば別ですが、離婚を考えるのであれば、できるだけ高い慰謝料を請求する方法を考えた方が得策になります。

 

とはいえ、夫婦だけで話し合おうとしても、相手が応じることは少ないでしょう。

そのため、基本的には裁判のように第三者のいる場で話を進めていくことになります。

ただし、裁判なら慰謝料が多く取れて安心というわけではありません。相手の不貞行為が原因でも、裁判の結果次第で慰謝料が極端に少なくなる可能性もあるのです。

自分の力だけでやろうとすると失敗しやすいので、専門の弁護士に依頼することが望ましいといえます。

 

(写真はイメージです)

 

◆相場は存在しない

 

一般的に、不貞行為による離婚で請求できる慰謝料は100万円から300万円とされています。

しかし、この金額が相場というわけではありません。慰謝料の金額は治療費のように明確ではなく、不貞行為の回数や状況を総合的に見て導き出します。

どのように主張するかによって、金額が高くなったり低くなったりするのです。

このことからも、弁護士を頼ることの重要性が分かります。

相場という考え方をいったん捨てて、現実的な判断をしなければなりません。

 

◆証拠を揃えるのがポイント

 

離婚に向けた手続きでは、証拠が全てといっても過言ではありません。

これは、裁判であっても話し合いであっても同じです。

証拠がなければ、いくら話をしても説得力がありません。また、不貞行為に該当するのは肉体関係のみなので、証拠を揃えるには地道な努力が不可欠です。

メールや手紙のやり取り、デートでは不貞行為になりません。また、キスの事実でも足りないのです。

もちろん、相手が肉体関係を認めれば問題ありませんが、相手も慰謝料を低く抑えたい以上、簡単には認めません。

ホテルの部屋で裸になっている写真のように、明確な証拠が必要です。

 

◆弁護士に相談することの必要性

 

証拠集めをするなら探偵や興信所だと思うものですが、やり方を間違えると大変なことになります。

証拠集めの方法によっては、違法だと見なされる可能性があるためです。

慰謝料を請求するためとはいえ、違法なことをやってしまえば、逆に相手から訴えられることもあります。法的な問題がないかを確認するためにも、

弁護士に相談することが重要です。弁護士のアドバイスを受ければ、安心感が生まれて余裕ができます。

見えていなかったことが見えるようになり、新たな証拠が掴めるかもしれません。

 

「不倫・慰謝料案件の解決には豊富な実績が不可欠です。」

 

◆慰謝料を増額させるコツ

 

複数の証拠を用意している場合、慰謝料を増額させるためには最初から全てを出さない方がよいです。

手の内を明かしすぎず、こちらは多くの証拠を掴んでいる、ということを暗に伝えるようにします。

ただし、慰謝料には相手が支払える範囲という上限があるため、とにかく高く請求すればよいわけではありません。

当事務所のように、離婚問題が得意な弁護士が交渉を行えば、自分だけでなく相手も納得する結果につなげられます。

 

高額の慰謝料を所望される方はお気軽にお問合せください。

 


無料法律相談実施中
離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。
無料ご相談受付中!!
キッズスペース
女性のための離婚相談
男性のための離婚相談

DV

公正証書

慰謝料請求

親権問題

財産分与

離婚全般

離婚調停

面会交流

養育費

事務所概要

  • 弁護士法人
    川原総合法律事務所

[ 代表 ]

弁護士川原俊明

[ 電話 ]

06(6365)1065

[ 住所 ]

大阪市北区西天満2丁目
10番2号幸田ビル8F

川原総合法律事務所