離婚・男女問題の相談なら大阪府大阪市の離婚・男女問題弁護士へ

土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!

弁護士費用のご説明

弁護士費用

弁護士費用についてご質問いただくことが多いので、

今回はこちらについてお話します。

 

弁護士費用の目安

詳細は費用のページをご覧いただければと思いますが、

弁護士に紛争解決を依頼する場合、

主に、着手金、報酬金が必要となります。

着手金とは、文字通り、事件に着手する場合に必要となります。

報酬金とは、事件終了後にお支払いいただきます。

「おいくらくらいが基準となりますか?」というご質問が多いのですが、

これに関しましては、一概に申し上げることが難しいのが現実です。

紛争の成熟性や、慰謝料請求の額など、様々な事情により前後します。

ただ、一般的な金額としましては、

最低10万円程度から、

調停、訴訟案件であれば、35~40程度が、着手金の目安となります。

(報酬金も、原則は、同程度とお考えいただければと思います。)

 

法テラスに関しまして

法テラスの利用に関しまして、

以前はご利用いただくこともできたのですが、

制度自体、弁護士会を介しますので、

事件着手の前の段階から、様々な書類を作成し、提出する必要があり、

急いで事件処理をする場合には、スピード感に欠けてしまいます。

刑事事件ほどではありませんが、離婚案件も一刻一秒を争う案件も少なくありません。

このような事情から、当所におきましては、原則、法テラスのご利用はいただけません。

代わりに、分割でのお支払いを可能とさせていただきます。

(当所所定の審査は必要となります。)

 

相談料の充当

また、初回のご相談に関しましては、無料でご対応させていただくことが可能です。

2回目以降は相談料としまして10,000円/回(税別)が必要となりますが、

その後、事件受任に至った場合は、いただいた相談料を、着手金に充当させていただく

ことも可能です。

 

ご自身での対応(本人訴訟)

人によりましては、ご自身で事件を進めたいと思われる方もいらっしゃると思います。

これらの方に関しまして、「それではご勝手にどうぞ~」と門前払いをするのではなく、

私たちのお手伝いを、部分的に利用いただくということも可能です。

例えば、現時点では紛争にはなっていないけれど、なる蓋然性(可能性)が高いので、

今のうちに内容証明郵便などで牽制しておきたい、という方や、

せめて、離婚協議書だけでも作成してもらえませんか?という方など、

個々のニーズに合わせたご対応が可能となっております。

これらに関しましても、ご自身の目的に応じた、当事務所とのおつきあいを

ご検討いただければと思います。

(もちろん、部分的ご利用から、すべてお願いされるパターンというのも

お承ることは可能です。お気軽にお問合せください。)

 

あたなにとって優秀な弁護士を

一昔前と異なり、依頼者の立場からすれば、良い時代になったと思っています。

知り合いの弁護士がいなくても、スマホをいじれば良い弁護士に出会えることが可能です。

ただ、すべての弁護士は確かに優秀であるかもしれませんが、

あなたにとっての「優秀」であるかどうかは、また別のお話です。

このあたりもご考慮に入れながら、ご相談いただければと思います。

 

費用に関しましては、明瞭会計を心がけております。

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問合せください。

 

 

 


無料法律相談実施中
離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。