離婚・男女問題の相談なら大阪府大阪市の離婚・男女問題弁護士へ

土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!

不貞行為の証拠集め

証拠の必要性

 

「夫(妻)が不倫をしている可能性がある。」

そう疑うに足りるなにかがあった場合、まず行うべきことを説明させていただきます。

離婚を検討したり、慰謝料を請求したりなど、ご意向があるかとは思いますが、

共通していることは「いかに、有効な証拠を保全(確保)するか」という点です。

裁判において必要なことは、涙を流して同情を誘ったとしても、

道徳的にどれだけ違反していたとしても、証拠がなければ、言い分が通ることはあり得ません。

裁判所としては、私情を挟むことなく冷静に物事を判断するためには、

客観的に証拠を確認し、判断すること。これ以外に方法はありません。

 

証拠に関しましては、メディアやニュースで「これは証拠になる」と言われているものから、

状況証拠なども含め、弁護士が「証拠として利用できる」と判断したものも含め、

多種多様です。

 

以下では、具体的に検討してみましょう。

 

1 メール

ケータイ電話のメールは、立派な証拠になります。

逢瀬や行為が直接に表現されているメールはもとより、

二人で会っていることをほのめかすようなメールであっても、

証拠として利用することが出来ます。

メールに関しましては、それ自体を転送などしてしまえば、

夫(妻)にばれてしまう危険性が高いことから、

メールを証拠として利用する場合は、ケータイの画面自体を写真などで

保管しておけばそれで十分です。

 

 

2 写真等

証拠の現場などを写真などで押さえてしまうことは最も有効な証拠取得方です。

ホテルの出入りや、車内で二人でいる写真、

手を繋いで歩く写真など、証拠として利用する際には、

証拠が少なくて困るよりかは、多すぎても構いません。

ただし、現実問題として、尾行を警戒している二人に対し、

尾行がばれず、なおかつ、有効な写真などの証拠が取れる、というのは

難しいと言わざるを得ません。

探偵事務所などを効果的に利用する必要があるでしょう。

この点、当事務所では、提携している信頼に足る探偵事務所が複数おられます。

場合によりまして、ご紹介させていただくことも可能となっております。

 

3 ICレコーダー

夫(妻)が不貞行為を行っている場合、

いつもと行動が異なることがよく見られます。

具体的には、

 

・いつもケータイを持ち歩いている(トイレにまで)

 

・ケータイのロック番号が変わった

 

・帰宅後すぐにシャワーを浴びるようになった。

 

・出張が増えた。

 

・性交渉がなくなった。

 

など多岐に渡ります。

「あれ?なんかおかしいな。」と感じられた際には、

会話の途中でふとカマをかけることも行ってください。

例えば「最近出張増えたよね。」などと話を振ると、急な質問に

その場を取り繕うような嘘をとっさに述べてしまうことがあります。

嘘が重なりは、証拠の一つにもなります。

これらを集めるためにICレコーダーをご活用ください。

とっさの質問の前にICレコーダーをセットして反応を伺うことも一つの手段です。

 

4 日記

え!?日記が証拠になるの?という声が聞こえてきそうです。

実は、普段何気なく書いている日記も、立派な証拠になります。

「5月10日 晴れ 旦那は休みのはずだが朝から仕事で外出」

「6月30日 雨  旦那が夜中になっても帰ってこなかった。連絡不通」

これらの日記が残っていることで、裁判官にとっては、

「この二人は仲がよくなかったのだな。」

「夫婦関係はもはや破綻していたのだな」という心証を持つことになります。

離婚が認められるためには、夫婦関係の破綻が必要となります。

普段の何気ない行動や動作も日記に書いておきましょう。

ご自身の気持ちを落ち着かせるためだけではなく、

後々、裁判になったとしても利用できる場合があります。

 

 

これらはあくまで一例となります。

確実に証拠となるものは写真など明確ですが、

意外なものが証拠になることもあります。

そのあたりは弁護士の腕にかかってくる部分もあります。

まずは、お気軽にご相談いただければ、

証拠として活用できるかどうかも含め、アドバイスさせていただきます。

 

証拠に関しまして、お悩みなどございましたら

お気軽にお問合せください。

 

 

 


無料法律相談実施中
離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。
無料ご相談受付中!!
キッズスペース
女性のための離婚相談
男性のための離婚相談

DV

公正証書

慰謝料請求

親権問題

財産分与

離婚全般

面会交流

養育費

事務所概要

  • 弁護士法人
    川原総合法律事務所

[ 代表 ]

弁護士川原俊明

[ 電話 ]

06(6365)1065

[ 住所 ]

大阪市北区西天満2丁目
10番2号幸田ビル8F

川原総合法律事務所