離婚・男女問題の相談なら大阪府大阪市の離婚・男女問題弁護士へ

土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!

慰謝料請求に必要なこと

慰謝料の相場

「慰謝料の相場を教えてください。」

 

旦那の不倫が明確となり、相手方女性に対する憤りの先には、

法律に認められた、慰謝料請求という道が残されています。

出来る限り多額の慰謝料を認めることで、相手に少しでも罪の意識を感じてほしい。

そんな強い思いから、一円でも多くの慰謝料を要望するための質問なのでしょう。

 

jose

 

相場を問われたなら、答えは「100万円~300万円程度でしょうか。」

とお答えさせていただいております。

また、必ずしも、最低100万円認められる、というわけではありませんので、

ご注意ください、ということもお伝えさせていただいています。

 

なぜこのように200万円以上の幅が存在してしまうのでしょうか。

理由は、離婚に至るまでの経緯が、十人十色であることが一番です。

 

・子どもの数

・離婚原因として、DVがあるかどうか

・離婚原因が不貞行為かどうか

・結婚期間、別居期間

・離婚する当事者の年齢および収入

 

など、これらの組み合わせにより、総合的な慰謝料額を算定することになります。

ただ当然ですが、これらは一般論ですので、

当事者間がご納得されているのであれば、例えば1億円の慰謝料というものも認められることにはなります。

 

証拠の有無

次に重要視されることは、「証拠」の有無です。

裁判は、どれだけ感情的に訴えようが、どれだけ人道に反していようが、

証拠がなければ、裁判所は、その事実を認定してくれません。

反対に言えば、きちんとした証拠がありさえすれば、こちらの主張する事実について、

認定される可能性は高いといえます。

もちろん、探偵さんを雇って、証拠を取得することが

一番わかりやすい例かもしれませんが、それだけではなく、

最近は、スマホを利用されている方が多いので、

携帯電話の中身に保存されている写メや、LINEの文章なども、立派な証拠となります。

(特に転送などしなくても、その画面を写メで撮るだけでも十分です。)

慰謝料請求を行うことを検討されている方は、これらを意識して、

証拠を集めることを意識してください。

 

弁護士の交渉力

次に大切なのは、弁護士に依頼することです。

決定的な証拠さえあれば、慰謝料請求訴訟も自分で出来るだろう!

と考える方が少なくはありません。

しかし、基本的に、訴訟を提起した場合、相手方は弁護士に事件を委任します。

原告(つまり、慰謝料請求訴訟を行ったご自身)は、交渉のプロフェッショナルである

弁護士との交渉を余儀なくされるのです。

どれだけ有利な、決定的な証拠を持っていたとして、慰謝料請求が認定されたとしても、

弁護士はその強い交渉力を最大限使用し、減額するために奔走します。

感情論ではなく、法律論で固めた減額交渉に対し、法律を知らない原告は、

言われるがまま、されるがままに減額交渉に応じてしまうでしょう。

この事態を避けるためにも、弁護士への委任は欠かせません。

 

以上、

本日は慰謝料請求のイロハについて簡単ではありますが、説明させていただきました。

あくまで基本的な事項のみですので、

慰謝料請求をご検討されているあなたは、

あなた個別の事情により、請求する額も、認定される額も大きく異なることをご理解ください。

 

慰謝料請求をご検討の方は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

 


無料法律相談実施中
離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。

事務所概要

  • 弁護士法人
    川原総合法律事務所

[ 代表 ]

弁護士川原俊明

[ 電話 ]

06(6365)1065

[ 住所 ]

大阪市北区西天満2丁目
10番2号幸田ビル8F

川原総合法律事務所