離婚・男女問題の相談なら大阪府大阪市の離婚・男女問題弁護士へ

土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!

有責配偶者からの離婚調停

有責配偶者からの離婚調停

共働きの夫Aさんと依頼者である妻Bさん。他人から見れば、長年連れ添ってきた仲のいい夫婦と思われています。
ところが、共働きのため、すれ違い夫婦となっており、いつの間にか、家庭内別居状態に・・・。
突然、Aさんから「別れてくれ」という言葉が飛んできました。原因をつかめないまま、苦悶するBさん。

性別:男性
年代:40代
婚姻歴:
子ども:なし
職業:

担当弁護士:

背景

共働きの夫Aさんと依頼者である妻Bさん。他人から見れば、長年連れ添ってきた仲のいい夫婦と思われています。

ところが、共働きのため、すれ違い夫婦となっており、いつの間にか、家庭内別居状態に・・・。

突然、Aさんから「別れてくれ」という言葉が飛んできました。原因をつかめないまま、苦悶するBさん。

ネットをたどって川原弁護士を見つけてすがる思いで相談に来られました。

提携先の興信所とのタイアップでAさんの動向調査を開始しました。

悲しい現実ですが、知らぬ間にAさんには同じ職場のC子の影があったのです。興信所を使ってC子との不倫の事実をつかみました。

Aさんからは、一方的に調停を申し立てられました。

相談内容と弁護士対応

「有責配偶者」からは、当然のように離婚は認められない、との弁護士アドバイスにしたがって

「離婚は絶対拒否」の方針を貫きました。同時に、BさんからC子さんに慰謝料請求の追い打ち。

結果

Bさんの頑な態度が、AさんやC子さんにも伝わったのでしょうか。

Aさんとの入籍が困難な事態を把握したC子さんは、Aさんと距離を置くようになりました。

その結果、BさんのもとにAさんが戻り、夫婦関係が復活することになりました。

Aさんには、C子さんからは当然のこと、Bさんに対する慰謝料が認められ、支払われました。

Aさんの目的は、完全に達成されたのです。

コメント

※有責配偶者

有責配偶者とは、簡単に言えば離婚原因を作った側の配偶者のことを指します。

 具体的には、浮気や不倫など、不貞行為をした配偶者や暴力を振るった側の配偶者のことです。

当事務所のその他の解決事例

不倫の相手方女性に対し慰謝料請求を行い、無事回収した事例

不倫の相手方女性に対し慰謝料請求を行い、無事回収した事例

詳しく見る

離婚後の慰謝料請求

離婚後の慰謝料請求 大阪市内の探偵事務所からのご紹介で来所されましたH様。どうも近頃夫の様子がおかしいということで、探偵に素行調査を依頼。数日後、探偵事務所からの報告書には、浮気の現場がばっちり。見知らぬ女性との仲むつま […]

詳しく見る

無料法律相談実施中
離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。
無料ご相談受付中!!
キッズスペース
女性のための離婚相談
男性のための離婚相談

DV

公正証書

慰謝料請求

親権問題

財産分与

離婚全般

面会交流

養育費

事務所概要

  • 弁護士法人
    川原総合法律事務所

[ 代表 ]

弁護士川原俊明

[ 電話 ]

06(6365)1065

[ 住所 ]

大阪市北区西天満2丁目
10番2号幸田ビル8F

川原総合法律事務所