離婚・男女問題の相談なら大阪府大阪市の離婚・男女問題弁護士へ

土日祝の相談も受付中(要予約)まずはお電話でご予約を!

不倫の相手方女性に対し慰謝料請求を行い、無事回収した事例

不倫の相手方女性に対し慰謝料請求を行い、無事回収した事例

性別:女性
年代:30代
婚姻歴:10年
子ども:1人
職業:主婦

担当弁護士:

背景

旦那が同僚の女性と不倫。離婚も検討しているが、今後どうしたらいいの?

相談内容と弁護士対応

不法行為に基づく損害賠償請求の可否。 不倫相手が同僚なので、将来に向けた解決が可能か否か。

結果

婚姻関係にあるなかで、他人と肉体関係を結ぶことは、民法的に不法行為に該当します。これに基づき、依頼者は、不倫の相手女性に対して、損害賠償請求訴訟を提起することが可能です。今回のケースにおいて、メールに証拠が残っていたことも功を奏し、慰謝料を取ることができました。 不倫相手が同僚である点も考慮し、弁護士から不倫相手に直接連絡を取り、職場の移籍、転職を了承させることにも成功。 目の前の事実に感情的になるのではなく、事実を法律的視点で検討し、適切なタイミングで適切な請求を行うことが可能なのは、数え切れない慰謝料請求事件を解決した私たちだからこそ解決した事例といえます。

コメント

当事務所のその他の解決事例

有責配偶者からの離婚調停

有責配偶者からの離婚調停 共働きの夫Aさんと依頼者である妻Bさん。他人から見れば、長年連れ添ってきた仲のいい夫婦と思われています。 ところが、共働きのため、すれ違い夫婦となっており、いつの間にか、家庭内別居状態に・・・。 […]

詳しく見る

離婚後の慰謝料請求

離婚後の慰謝料請求 大阪市内の探偵事務所からのご紹介で来所されましたH様。どうも近頃夫の様子がおかしいということで、探偵に素行調査を依頼。数日後、探偵事務所からの報告書には、浮気の現場がばっちり。見知らぬ女性との仲むつま […]

詳しく見る

無料法律相談実施中
離婚問題に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。